目黒インテリアストリート(家具通り)

目黒インテリアストリート(家具通り)

インテリア libursini

目黒インテリア通り


スポンサードリンク800.jpg

目黒インテリア通り

目黒インテリア通り90年代以降、いつからか目黒通りが「目黒インテリア通り」と呼ばれるようになりました。多くの家具・インテリア関係の店が目黒通 り沿いに出店したからです。
 場所は、目黒駅から目黒通りを下って、山手通りとの交差点、ここに弊店libur siniがあります。その先を約2kmほど。目黒から行くと右手にカーフという北欧家具屋があります。
 それから200mほど行くと、昭和初期に建てられた商店を改造したマイスターがひときわ目を引きます。ここはミッドセンチュリーモダンやオリジナルの家具を売っていますが、家具のモダンなデザインと古い店がミスマッチで面白いです。最近は中古家具が人気ですが、家具に限らず中古の住宅やマンションを改造して新しい店を作ることも人気があります。それらがリノベーションとも言われる行為です。
 マイスターの道を隔てて向かいには千駄ヶ谷にもあるプールアニックが、そのすぐ近くにはアムス・テーブル・アンド・チェアがあります。プールアニックはアジア家具の店、アムスは結構古い店で、アメリカのアンティーク家具と雑貨が充実しています。
 この一体から500mほど行くと、ミッドセンチュリーモダンの中心的な店のひとつであるモダニカがあります。平日でも若者が多い人気店です。その先にはアクメ。ここは1950年代のアメリカ中古家具を多く取り扱っています。
 その他、ベーシックなデザインのキッチンなどの店グリーンゲイブルス、北欧家具中心のクラフト、オリジナルデザインの家具を売るスケノ、「再生」Remakeをテーマにしたタイム・アンド・スタイル・ホームなどが目黒通 り沿いに集積しています。通りから少し折れれば、正統派英国家具のロイズ・アンティーク、若い女性好みのキュートな家具を作るスタンリーズがあり、またミッドセンチュリーモダンの家具を使ったカフェ「ベルエア38」や、衣料品店と一緒になったカフェ・ハンナもあり、歩き疲れたときに便利です。
 また、目黒通りから鷹番の交差点を折れて、東急東横線学芸大学駅周辺に向かうと、カフェ・ノルドや家具や衣料を売るファクター、東京出身のデザイナーの家具を売るバーデン・バーデン、ミッドセンチュリーモダン家具の店プリズマなど新しい店が続々とできています。
 もちろん、目黒通りから山手通りを抜けて、恵比寿、代官山、中目黒あるいは広尾方面 に向かっても、家具・インテリアのニューショップはたくさんあります。今どきの若者のインテリア感覚、空間感覚を知る上では目黒通 り周辺をチェックするのがいちばんかもしれません。

スポンサードリンク